【うどんアーティスト】小野ウどん in ニューヨーク

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ひょんなことから知り合った小野ウどん君が、ニューヨークに行くって言うんで、それにかこつけて勢いでニューヨークに行ったんでした。そういえば。

→【白麺士】うどんアーティストの小野ウどん氏に本場の手作り讃岐うどんの打ち方を教わる

ロスから夜便の飛行機に乗ってしまったので、ようやく治りつつあった時差ボケが、機内であまり眠れず、ニューヨークでまた狂ってしまうという。

ニューヨークに朝着いて、ホテルのチェックインまで時間があるので、そのままウどん会場へ。

詳しいことはまた今度(多分)書くと思いますが、ロスからニューヨークに来たら、ギャップがありすぎて、テンション上がりました。いい意味で。

とりあえず、現場に向かいます。今日もいい天気だ。

チラシの住所を頼りに現地に到着。ニューヨークは碁盤の目なのでわかりやすい。

いたいた。

うどんアーティストと三味線アーティストがコラボってました。日本人や外国の人もチラホラ。

職人の打ち立てうどんを、ぶっかけで。ネギは繋がってたけど、そこは受け入れよう。

その日の1食目、アメリカの油に疲れ、和食を求めた体にうどんを流し込み、日本人パワーを注入。
異国では「和」の民族を感じるものです。

本人は忙しそうだったので、挨拶もせず帰りました。なんかまるで追っかけみたいだな…。しかもNYまで行っちゃう熱烈な。

まあ、ともあれ、若くして挑戦するのは素敵だし、正直羨ましいなーと。我が息子もそういう男になって欲しい。

若い人は細かいこと考えず、色んなことやったら良いと思いますよホント。

でも、40代だって何やったって良いし、この前アナザースカイで郷ひろみも「60代から」と言ってたし!何を始めるにも遅いってことは無いです。

結果的に、自分的にもこの機会にニューヨークに来られて良かったな。
「いつかは」と思いつつ、中々機会もなかったので。

タイトルとURLをコピーしました