飛行機ノスタルジー

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

飛行機の離着陸時に、ノスタルジックな気分になるのはなぜなんだろう。

年間数十回飛行機に乗るのに、いまだに毎回感じる感覚。

眼下に見える、知らない家に住む人々の生活や歴史を想ったり。

雲海と流れる雲と、雲間から差す夕陽の光線を見たり。

同じ場所にいると飽きるタチなので、移動は好きなんだけど、移動する時はなぜかもの寂しい。

何か特定の思い入れがある場所とか、人と別れるとかそういう事がなくても感じる。

離れるのが嫌なのか、到着するのが懐かしいのか。

もしかしたらそれを感じたくて、飛び回っているのかも知れない。

タイトルとURLをコピーしました