外国人求人情報|技能実習生、高度人材の紹介【人材不足・英語・中国語】

この記事は約3分で読めます。

人手不足の日本企業にベトナムから人材紹介をしています。

報酬も発生しますので人手不足に困っている企業や組合があれば是非ご連絡ください。

紹介できる人材は大きく分けて2つあります。

① 技能実習生 (外国人技能実習生制度)

日本語は会話レベルですが 食品加工、農業、縫製、清掃、鉄筋、自動車整備、介護など、単純作業であればどんなお仕事でも対応できます。

正直日本人があまりやりたくない仕事が多いのですが、実習生達も貯金と日本に住んでお仕事すれば日本語レベルもUPするので実習生にもメリットはあります。
https://www.jitco.or.jp/ja/regulation/index.html

② 高度人材

2つ目は高度人材。高度人材とは、専門的な技術や知識を持つ外国人労働者のことです。現地の大学を卒業された優秀な方達ですので、お給料も日本人の正社員と同じように貰えます。

「高度人材」とは? - 『日本の人事部』
「高度人材」とは、専門的な技術や知識を持つ外国人労働者の総称として日本政府が使用している用語です。日本の経済成長と技術革新につなげるために、国内で人材が不足している分野で、技術者やスペシャリストを海外から積極的に受け入れるなど、高度人材の獲得に向けた施策の検討・導入が進められています。(2011/8...

理系: IT/機械エンジニア、自動車、建築など。

彼らの日本語レベルはN4-N3レベルですが、専門で勉強されてきたので高い技術力を持っています。

文系: 現地の日本語を勉強されてきたN2レベルの学生達です。日本のホテルや旅館、通訳、実習生のマネージャーとして働くことが多いです。

「こんな人いませんか〜?」っていうのでも大丈夫です。

人手不足の企業ご紹介できる方はお気軽にご相談ください。

→ご相談、お問い合わせはこちら

(追記)

ベトナムやタイの日本への人材者紹介で、ITや工場や介護など、送り出す方のコネはあるんですが、日本側の導入先が普通に営業しないとコネがない状況ではあります。(困っているところがあったら繋いでくれたら嬉しいです)

が、昨日バンコクに旅行で来ていて知りあった人が、建設系の仕事の人でした。その会社は実際技能実習生の受け入れをやっているし、人手はまだまだ足りていない、との事。

やはり業界的に慢性的な人手不足の模様。

そこきっかけで、外国人人材紹介の間口を広げていけたら良いなーと思いました。

外国人が日本で働くためにはビザが必要なんですが、ITや語学先生など専門的な技術がある人以外はなかなかビザが下りず、技能実習の制度も職種が限られていて、建設の足場作業員はOKだけど、倉庫業の倉庫作業員はダメ、とか、なかなか細かい規定があります。

なので、外国人でも良いから来て欲しい、というニーズがあっても、業種職種によって技能実習制度が使える使えないがあるわけです。つまりビザが出ないから働けない。

なお、コンビニや飲食で働いている人達は、技能実習生の適用外職種なので、おそらくは留学の学生ビザで、週に何時間までの規定の中で働いている人が多そうです。

ただし、インド料理屋のインド人などは専門的なものにあたり、技術ビザで来ているようです。

日本人労働力はますます期待できなくなる中、外国人労働力は必要不可欠。IT分野ならAIなど技術の進歩でカバーできる物も中にはあるでしょうが、建設系などはアトム的なロボットに任せるにはまだまだ年月が必要でしょう。人間にしかできない仕事が沢山あります。

話の中で、言葉の通じにくい外国人に向けて、オンライン安全研修eラーニングや、外国人労働者同士のサポートコミュニティ、なんてのを面倒見てあげる、と言うのもこのプロジェクトの中にあったら良いね、なんて事も出て来ました。

・日本で働きたい外国人
→仕事したい。働くにあたって相談できる相手が欲しい。

・雇用主
→言葉や研修、アフターフォローが心配。

・日本
→労働力足りない。特にオリンピックに向けて建設系や、高齢化による医療介護、IT技術者

これらに応えて、三方よしに出来たら社会的にも意義がありますね。

タイトルとURLをコピーしました