ピエトロの絶望スパゲティを食す

この記事は約2分で読めます。

先日、テレビで「ピエトロの絶望スパゲティ」が絶望する程うまいというのを観て、パスタ好きとしては押さえておかねばなるまい、と注文しました。

ちなみに僕は昔、イタリア料理屋でシェフやってた事があり、毎日ピザは粉から生地作って窯で焼いてたし、1日数十〜百皿はパスタも作ってました。

このパスタ、イワシが具になっているというもので、その味がクセになるとの噂。

絶望的にうまい、ではなく、絶望している時でも食べられちゃうくらいうまい、と言う事らしいです。

ネーミングに惹かれます。

ıɥsoʎʬ on Twitter
“今日の昼はピエトロの絶望スパゲティにしよう!楽しみ。 #ピエトロ #パスタ”

絶望スパゲティの作り方

と言っても、レトルトなので温めるだけ。

普段、レトルト系はあまり食べなくて、食べるとしても具を足したりしてます。

が、今回はこのままいってみます。温めて混ぜるだけ。

一応、お湯には塩入れますよ。

完成

まあ茹でるだけなんで、あっという間です。

洗い物出したく無いので、皿で混ぜます。

ちょっとビジュアルは寂しいですね。

臭みが全くない、という噂だったんですが、あれ、やや魚臭さを感じるな…

お味の方は

うーん、正直、思ってたのと違う感じ。

ペペロンチーノっぽくは無いというか、魚の生臭さを消すためか、ハーブというかセロリ系の野菜で香味の効いた味わい。

と、よく考えたら、ちょっとピエトロドレッシングのような味なのかも。酸味もあるので。

具となっている魚自体は、ホロリとした肉のように食べやすいんですが、皿全体的には魚っぽい香りが漂うので、苦手な人は苦手かも。

白ワインと一緒に食べると良さそうです。

まとめ

残念ながら、僕的にはあんまり好みでは無かったです(期待が大きすぎた)が、一般的にはやたらと評価高いので、一度試してみてはどうでしょう。

ヤミツキになる方はヤミツキになるとの事ですよ。

おすすめの美味しいモノ情報、募集中です。

タイトルとURLをコピーしました