ブログを引っ越しました。

課金デジタルコンテンツの多言語化

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

レベニューシェア案件をいくつかやってまして、その中の一つ、まもなくリリースされます。

リリース前なのでまだURLなど書けないんですが、始まったらシェアしますね。

レベニューシェアと言うのは、「これタダで(もしくは安く)作ってね。そのかわり売れたら利益を折半(もしくは%で分配)しましょう」と言う形のビジネスです。

お互いに役割分担します。

今回のモノは、占いの課金コンテンツで、企画や原稿はCP(コンテンツプロバイダー)と呼ばれるパートナー会社が用意。

デザイン〜システム開発はウチが構築。

この手のジャンルはもう何年もやってます。

出来上がったものは皆さんが知ってる超大手ISP(インターネットサービスプロバイダー)に展開されます。そこで宣伝・告知され、そこの課金システムで課金されます。

で、これって「売れたら利益を%で分けましょう」という話なので、お互い「作って終わりの受託制作」じゃなくて、CPもウチも売り上げを伸ばしたい訳です。

なので、通常は、1つのISPだけじゃなく、複数のISPに展開していきます。

もちろん、それぞれに合わせたカスタマイズは必要なんですが、ゼロから作るよりは横展開の方が圧倒的に楽。

イマドキは、スマホアプリに展開している会社もあるんですが、ウチではまだやっていません。

どのくらいコストかかってどのくらい売れるかが不明なのと、これまで組んでいたCPがNGだったので。

今回、新しいCPとの協業なので、出来ることはやりたいなと思ってます。

そこで、日本の1億人を相手にするより、多言語化して、世界の10億人相手にした方がいいんじゃないかなと。

ただし懸案はいくつかあって、

  • そもそも占いとかやらない文化かも
  • 課金の仕組みどうする(ISP決済じゃない)
  • クレカ持ってない人多い
  • そもそもデジタルコンテンツにお金払う文化がない
  • 基本、アプリ文化なのでアプリ化必須
  • 大手ISPという入り口がないと流入どうする
  • 広告出す必要あり→広告費どうする
  • 翻訳コスト
  • やってみて失敗したという他社の噂も

などなど。

まあハードル高いからこそ、競合も少ないから、やりたい訳ですけどね。

このパターンで成功すれば、あらゆるデジタルコンテンツの多言語化に、レベニューシェアや受託、コンサルで入れそうだし。

デジタルコンテンツが良いのは、

  • 物販と違って国境越えても送料も関税も掛からない事
  • 言葉の壁さえ越えてしまえば、相手がどこにいても良い事
  • 無限に複製出来る事
  • 作り込んでしまえば、売る作業も完全に自動販売機化できる事

なので、1個売るのも1,000個売るのも手間は変わりません。

1億人相手にするのと、10億人相手にするのと、そんなに変わらない訳です。

タイトルとURLをコピーしました